OEMコラムTOKIWA COLUMN

カラーコスメOEM国内トップシェアのトキワによるコラム

化粧品OEM

ファンデーションをOEM製造する際のポイント【メイクアップ化粧品OEM解説シリーズ】

茶色の顔料を含む液体や粉体で肌のお悩みをカバーし、色ムラのない均一な肌に見せる役割を持つファンデーション。

ファンデーションを含むコスメの製造・販売には行政の許可を得る必要があるため、自分たちのブランドとしてファンデーションを展開する際に多くの企業が活用しているのがOEM製造という方法です。

この記事ではファンデーションの製造・販売を検討している企業様に向けて、OEM製造のメリットや製造可能なファンデーションの剤形、委託を成功させるポイントなどを解説します。

トキワではファンデーションを含むカラーコスメのOEM製造が可能です。
長年にわたり豊富な実績を持つため、化粧品のOEM製造が初めてでも安心して依頼できます。
ぜひご検討ください。

ファンデーションのOEM製造とは

OEMとは「Original Equipment Manufacturer」の略語で、他社のブランドの製品を製造すること、または製造を請け負う企業を意味します。

コスメを製造・販売するためには行政から「化粧品製造業」ならびに「化粧品製造販売業」のライセンスが必要です。一方、許可を持つOEMメーカーが製造する場合は自社でのライセンス取得は不要なため、コストブランドを立ち上げるハードルが下がります。

コストやリスクを抑えられる上、OEMメーカーが持つ化粧品製造販売のノウハウを活用できる点もメリットです。ライセンス取得ならびに生産設備の立ち上げにかかる費用や時間を省き、スピーディーにオリジナルのファンデーションを開発・販売まで行えます。

新たにコスメブランドを立ち上げ、オリジナルのファンデーションを製造・販売したい場合は、OEM製造を検討しましょう。

OEMで製造可能なファンデーションの種類

ファンデーションをOEM製造する場合、あらかじめどのような剤形のファンデーションを作るかイメージしておくとスムーズです。ファンデーションの剤形には主に4つ種類があり、それぞれ使い勝手や使用感が異なります。

下記に紹介するそれぞれの剤形の特徴を参考に、商品イメージに近いものを選びましょう。

パウダー
リキッド
クッション

クリーム
(乳化)
クリーム
(油系
流し込み)

クリーム
(油系・
スティック)
密着感やや低い高い高いとても高いとても高いとても高い
カバー力やや低い高い高い高いとても高いとても高い
化粧直しの容易さとても簡単やや難しい簡単やや難しい難しい難しい

パウダーファンデーション

パウダーファンデーションとは名前の通りパウダー状に加工されたファンデーションのことです。コンパクト型の容器に入っており、パウダーを肌に乗せるためのパフが付属していることが一般的です。持ち歩きしやすく、パフを使うため手が汚れず化粧直ししやすい点が特徴です。
パウダーファンデーションにはサラッとした使用感のものが多く、脂性肌~混合肌の方におススメです。

リキッドファンデーション

粘度が低い液状のファンデーションのためボトル容器またはポンプ容器に入っています。ブラシやスポンジ、指で薄く伸ばしながら塗るためカバー力を調整しやすいことから人気の高いアイテムです。
水分を多く含んでいるため肌の乾燥が気になる人にもアピールできます。一方、ベタつきが気になる人にはジェルのような質感にする方法もあります。

クッションファンデーション

リキッドファンデーションをスポンジに含ませパフで塗布するタイプのファンデーションです。コンパクト型の容器に入っているため持ち運びしやすく、パフも収納できることから外出先でも手を汚さず化粧直しできることが好まれています。カバー力が高く、化粧直しがやすいのも特徴です。

クリームファンデーション(乳化系)

クリーム状の質感を特徴とするファンデーションです。チューブ容器やジャー型の容器に入っていることが多く、指の他、スポンジやブラシを使って塗ります。密着しやすいことが特徴のため保湿力やカバー力に優れていることが特徴です。

クリームファンデーション(油系)

クリーム状の質感を特徴とするファンデーションがクリームファンデーションです。コンパクト型の容器に入っていることが多く、スポンジやブラシを使って塗ります。スティックタイプは直接肌に塗布し、スポンジやブラシでぼかして使うことが多いです。油分が多いため保湿力やカバー力に優れていることが特徴です。

ファンデーションは仕上がりの質感も大切

ファンデーションの商品イメージを考える際のポイントの一つとして、仕上がりの質感があります。ファンデーションの仕上がりはツヤとマットに大別できます。それぞれについて概要や、ツヤ・マットな仕上がりを実現しやすい剤形、仕上がりが与えるイメージなどについて紹介します。

ツヤ

ツヤとは、肌にみずみずしさや透明感を感じさせる仕上がりのことです。ナチュラルメイクを好む人や、メイクで若々しく見せたい人におすすめの仕上がりです。水分の含有量が多いリキッドファンデーションやクリームファンデーション、クッションファンデーションはツヤを出しやすい傾向にあります。

マット

あえて光沢感を消した、上品で優しい雰囲気の質感をマットと呼びます。手触りはサラサラとしており、ツヤのある仕上がりより化粧崩れしにくいことが特徴です。

マットな質感を出すにはパウダーファンデーションが向いています。また、ツヤのある仕上がりと異なり、マットな仕上がりは光の効果で肌の悩みを隠しにくいためファンデーションにカバー力が必要とされます。

BBクリーム・CCクリームとの違い

ファンデーションと同様に肌の気になる部分を隠してきれいに見せるアイテムとして、BBクリーム・CCクリームがあります。ファンデーションと混同されることもあるため、それぞれの概要やファンデーションとの役割の違いを解説します。

BBクリームとは

BBクリームのBBは「Blemish Balm(ブレミッシュ・バーム)」の略です。ピーリングで傷ついた肌を保護するクリームとしてドイツで生まれました。

BBクリームはファンデーションの機能の他に肌によい美容成分や日焼け止め、化粧下地としての役割を持っているため、時短できるアイテムとして人気があります。

CCクリームとは

CCクリームのCCの意味には諸説あり、一説には「Control Color(コントロール・カラー)」だといわれています。実際、肌の色に近いBBクリームに対してCCクリームにはピンク系やパープル系などのカラーがあり、肌の色味を調整して美しく見せる効果を持っています。ファンデーションやBBクリームのようなカバー力はないものの日焼け止めの効果はあり、軽い使用感が特徴です。

ファンデーションをOEM製造する際のポイント

ファンデーションのOEM製造を成功させるには、高い技術を持った信頼できるメーカーを選ぶことが大切です。化粧品製造を得意とするメーカーならではの提案やアドバイスによりリスクを抑え、ビジネスチャンスを広げられるでしょう。

ここではファンデーションのOEM製造を委託するメーカーを選ぶポイントを3つ解説します。

コンセプトやターゲットの定義

第一に自社内で商品のコンセプトやターゲットを固めましょう。なぜファンデーションの開発に踏み切ったのかや誰向けに製造するのかを決めると商品の種類が絞られたり方向性が見えてきたりします。コンセプトが定まらない場合は製造会社にアドバイスを求める方法もありますが、社内でイメージを固めると商品開発へのイメージを共有できたりモチベーション維持に効果的です。

ファンデーションを得意とするOEMメーカーの選定

一口にOEM製造と言っても、メーカーによって得手不得手が異なります。ベースメイクやスキンケア商品に強い会社やポイントメイクに強い会社などがあるため、依頼する前にファンデーションの製造実績豊富だったり、取り扱う種類が多かったりするところを選びましょう。どれだけ製造コストが安価であっても、製造経験がない会社を選択すると要望と異なる商品になったり、トラブルに繋がる可能性があります。

最小ロット数および納品時期の確認

ファンデーションを含む化粧品を納品してもらいたい時期や製造量を決めてから、OEMメーカーを選定することもポイントです。化粧品のOEM製造には処方決定や容器の選定、デザイン作成など複数の工程があります。

初回打ち合わせから納品まで半年から1年程度かかるのが一般的ですが、予期せぬトラブルで遅れることも考えられます。余裕を持ったスケジュールを組むことが大切です。また、初期費用や在庫のリスクを抑えるためにはできる限り小ロットから発注できるメーカーを選びましょう。

OEM製造でのトキワの強み

トキワは50年以上にわたる製品企画・開発の経験があるメイクアップ化粧品OEMメーカーです。ここではファンデーションのOEM製造にトキワが適している理由を3つ紹介します。

世界最高水準の品質

人の肌に直接触れる化粧品は高品質であることが求められます。トキワには厳しい品質検査基準やGMP準拠の生産管理体制があります。

トキワの日本国内の工場は化粧品製造販売業、医薬部外品製造販売業の許可に加えてISOも取得。米国・中国・フィリピンの生産拠点でも現地の規制に沿って各種許可を取得済みです。国内外のプレステージ化粧品ブランドから認められた世界最高水準の品質で、オリジナルのファンデーションを製造できます。

納期の順守と最高のサービス

トキワは開発から原料調達、製造、納品までをワンストップで提供できます。製品の種類によっては発注後、最短2カ月というスピード納品も可能なため、お急ぎの場合はトキワへご相談ください。

また、年間500種類以上の新商品開発に携わるカラーコスメ開発のプロによるサポートもトキワならではのサービスです。必要に応じてECサイト立ち上げやマーケティング戦略実装もお手伝いします。自社に化粧品製造のノウハウがない場合でも安心して依頼くださいませ。

イメージを具現化できる

コスメを作る上では処方に加えて、感性に訴えかける容器デザインやイメージも大切です。イメージをできる限り忠実に具現化できるよう、トキワにはオリジナルの生産設備がそろっています。また、高い生産技術により難易度の高いものや複雑な工程を持つ製品も製造可能です。

50年以上の化粧品製造の経験を活かし、イメージに沿った処方や容器の提案もいたします。

トキワのサービスを見る

まとめ

ファンデーションには大きく分けて4つのタイプがあり、使用感や仕上がりが異なります。ターゲットやコンセプト、剤形や容器といった製造したい商品や納期・発注量のイメージができたら、希望通りの製品を作ってもらえるOEMメーカーを選定しましょう。

トキワは50年以上にわたって国内外のコスメブランドの製品を企画・開発してきた実績を持つOEMメーカーです。化粧品のOEMが初めてでも高品質なオリジナル製品作りをサポートできますので、お気軽にお問い合わせください。
■お問い合わせはこちら
■トキワのサービスについてはこちら
■小ロット&短納期でカラーコスメを作れる TOKIWA KOBO(トキワ工房)についてはこちら

ページトップへ