トキワコラムTOKIWA COLUMN

カラーコスメOEM国内トップシェアのトキワによるコラム

商品開発

アイブロウをOEM製造する際のポイント【メイクアップ化粧品OEM解説シリーズ】

眉毛を整え、顔全体の雰囲気を決めるために欠かせないアイブロウ。輪郭や髪色、肌色に合わせて選ぶことが大切です。

本コラムでは、OEM製造で作れるアイブロウの種類や製造のポイント、製造の流れなどを紹介します。課題もあわせて紹介するので、アイブロウのOEM製造を検討している方はぜひ参考にしてください。

OEMで製造できるアイブロウの種類

アイブロウのOEM製造の代表例として以下4種類についてご紹介します。

  • ペンシルタイプ
  • リキッドタイプ
  • チップオンタイプ
  • 木軸タイプ

OEM製造では、ウォータープルーフや油性・水性といったタイプの選択も必要。ここでは、各種類の特徴や使用感を紹介しますので製造時の参考にしてください。

ペンシルタイプ

ペンシルタイプは鉛筆のような形をしており、固形の芯で眉毛部分の肌に色を書き足す仕様です。ぼかしたりすき間を埋めたりと、アイブロウメイクの細かい調整ができます。

繰り出し式のペンシルは芯の断面が丸いタイプと楕円タイプの2種類に分けられます。丸いタイプはより細かい調整が可能で、楕円タイプは眉全体を太くしたり、眉毛がない部分を埋めたりする時におすすめです。

リキッドタイプ

リキッドタイプは液状で先端は筆のような形をしており、細かいラインが描きやすい特徴があります。眉毛を1本1本描いてすき間を埋めたい、自然な仕上がりにしたいという方におすすめです。

ウォータープルーフタイプもあるため、夏の暑い日のメイク崩れを防ぎ眉毛がなくなることを防いでくれるでしょう。リキッドタイプだと眉毛全体が濃くなってしまうという方は、カラーを明るいブラウンにするなど、色合いを変えることをおすすめします。

チップオンタイプ

チップオンタイプはパウダーをチップに含ませて描く仕様です。ふんわり自然な印象の眉毛が作れます。描くときにチップの角度を変えることで太さの調節が可能です。繰り返し重ね描きすることで色の濃さも自由に調整できます。

眉毛のすき間を埋めるためにも使えるので、不揃いな眉毛をナチュラルに仕上げたい方におすすめです。

木軸タイプ

木軸タイプは鉛筆型のアイブロウで、芯が減ったら周りの木軸を削っていく仕様です。油分が少なく、芯が硬い特徴があるため、発色が控えめで自然な仕上がりに。

芯をこまめに削って先端を細く保っておくことで、眉を1本1本描く方法も可能です。木軸タイプで眉毛を描くときは、芯を寝かせて肌にあてると描きやすく、強く押し付けなくても発色してくれます。

アイブロウをOEM製造する際の3つのポイント

ここでは、OEM製造を利用してアイブロウを作る際のポイントを3つ紹介します。スムーズな取引や利益率の向上に欠かせないコツのため、アイブロウ開発を始める前に理解しておきましょう。

種類やターゲットを明確化する

自社ブランドを販売するためには、どのようなアイブロウを作りたいか明確化することが大切です。他社の製品や流行をリサーチして、販売するアイブロウのタイプを選びましょう。

若い世代がターゲットであれば流行の色を取り入れたり、上の世代がターゲットであればベーシックなカラーを用意したりと、ターゲット層によって作る製品もかわってきます。コンセプトがズレないよう誰に売りたいかを明確にしてから製品タイプを決めましょう。

ロット数の予測を立てる

初めてOEM製造を利用する場合、販売数の予測が難しいため小ロットからの製造をおすすめします。小ロットから始めることで全体の製造費用を抑え、在庫リスクの軽減にも繋がるでしょう。

しかし、ロット数が少なすぎると単価が高くなってしまい利益率が下がってしまうこともあります。販売価格と製造費用のバランスをみながら適切なロット数を設定することが大切です。初めての方は販売数と費用の相談ができ、一緒に考えてくれるOEM企業を探しましょう。

評価の高いOEM企業を探す

初めての方は、まずアイブロウのOEM製造の実績が豊富な企業を選びましょう。アイブロウなどのペンシル型容器は処方と容器のマッチングが非常に重要で処方だけではなく容器も自社開発している企業の方が安心です。

そのような実績があれば、OEM製造を始める方はどのようなことに困っているかがわかるため、ニーズに合わせた製品タイプの選び方やロット数などアドバイスをもらえるメリットがあります。

また、選べる原料の数が豊富であったり、コスト費用を抑えてくれたり、販売におけるマーケティングのポイントを教えてくれることもあるでしょう。経験のある企業であれば取引もスムーズに進められるため、初めての方は実績のある企業でOEM製造をすることをおすすめします。

アイブロウのOEM製造の主な流れ

OEM製造でアイブロウを作り、実際に販売するまでの流れを紹介します。全体の流れを把握しておくことで、実際にOEM製造を請け負っている企業の選定から、製造する製品の相談、販売開始までスムーズに進められるでしょう。初めてのアイブロウ販売を検討している方はぜひ参考にしてください。

依頼から完成までどれくらいかかる?

アイブロウの製造から販売まで、少なくとも半年程度はかかります。製造から納品までの流れは下記の通りです。

  • 競合製品のリサーチやターゲット層・コンセプトの決定
  • アイブロウのOEM事業者と打ち合わせ
  • 製造ロットの決定
  • 製品仕様の決定(原料や容器・パッケージ等)
  • 見積・契約、発注(薬事申請手続きを含む)
  • 製造開始・納品

競合製品のリサーチやターゲット層・コンセプトの決定は、OEM企業に依頼する前にある程度固めておくと取引がスムーズに進むでしょう。初めての方は、ある程度の範囲まで決めておいて、業界の専門的な視点を持つメーカーに改めて相談することをおすすめします。

製品仕様は、OEM企業がもっている既存のレシピや容器を使用すれば完成までの期間を短縮することが可能です。完全にオリジナルのレシピや独自の容器を利用したい場合は、開発や試験に時間がかかるため、販売まで1年以上かかることも想定しておきましょう。

コスメブランド立ち上げ時の2つの課題

OEMを利用したアイブロウの製造やコスメブランドの立ち上げにおいて、大きな課題を2つ紹介します。自分のブランドを作って事業を延ばしていきたいと考えている方は、課題を把握し対処できるようにしましょう。

販売開始までに手間と時間がかかる

OEM製造は製品内容の決定から実際販売するまでのスケジュール管理が難しい、という課題があります。製造を外部に委託するため、開発や製造のスケジュールを自社できっちり調整できません。OEM企業とのすり合わせが上手くいかなければ、予定の納期に間に合わないリスクも発生します。

初めての方は競合や流行のリサーチ、ターゲットの決定までに時間を取られてしまうこともあるでしょう。スケジュールやリサーチをスムーズに進めたい方は、OEM製造の実績が豊富な企業を選ぶことをおすすめします。

化粧品製造に対する知識の不足

化粧品製造にかかわっていない方がOEM製造でアイブロウを作る場合、化粧品に対する根本的な知識不足が懸念されます。製品タイプや原料の選定など、ニーズを探ることにも手間がかかってしまうでしょう。

また、OEM製造を利用すると技術力やノウハウが自社に蓄積されません。OEM企業へ丸投げの状態では、自社の化粧品に対する知識が蓄積されないため、相談やアドバイスを受けながら進めてくれる事業者を探すとよいでしょう。

まとめ

アイブロウを製造するためには、依頼するOEM企業の実績や経験が重要なポイントです。特にアイブロウなどペンシル型の製品は処方と容器のマッチングが品質上大変重要です。自社ブランドを立ち上げたい方は、OEM企業が処方開発だけでなく、容器も開発しているか、しっかり品質確認ができる研究体制が整っているか、またパッケージの選定などマーケティング部分においてもサポートを提供しているかどうかも確認しましょう。

トキワは、化粧品において世界最高水準の品質を維持しています。アイブロウ製造においても処方だけでなく容器も自社開発しているので品質上安心できるだけでなくワンストップのサポートを提供しているためスムーズな取引が可能です。化粧品開発の知識や経験がない方でも当社が製造や販売までフォローするため、安心してご相談いただけます。

オリジナルのメイクアップ化粧品ブランド立ち上げを検討中の方は、ぜひお問い合わせください。

https://www.tokiwa-corp.com/

ページトップへ