TOKIWA Lab.

ビューティーアクセラレータープログラムTOKIWA Lab.

TOKIWALab.は弊社トキワが2020年より取り組む
ビューティー特化型のアクセラレータープログラムです。
日本の化粧品市場は来日客の減少、
景気の悪化などによって2019年をピークに縮小を続けており、
市場の活性化が求められています。
また、Kビューティーと呼ばれる韓国コスメやCビューティーと
呼ばれる中国コスメがZ世代を中心に支持を集めつつあり、
高い品質と機能性を持つ、
日本のJビューティーの活性化も課題となっています。

そこで50年以上の化粧品受託製造の経験を持ち、
国内カラーコスメ受託製造シェアNo.1の
トキワがパートナーとして協業し、
長年培ってきたノウハウを元に研究開発から
製造、販路開拓を一気通貫でサポートすることで、
課題解決のスピードを早め、
ブランドの成長を維持することに寄与したいと考えています。

第3回TOKIWA Lab.は2022年春開催を予定しております。

株式会社トキワについて
国内カラーコスメ製造・開発事業(OEM/ODM)において、
10年連続で、NO1 のポジションを堅持している、
化粧品受託製造最大手企業です。
年間生産は1億個以上であり、カラーコスメ製品を中心にスキンケア、
ヘアケア関連製品などの開発・製造を行っています。

SUPPORTサポート内容

トキワの持つアセットを最大限提供し、皆様の事業運営をサポーターという立場からご支援いたします

製品開発・生産

カラーコスメ受託製造 国内No.1企業が強力に製品開発・生産をバックアップ

販路拡大

販路拡大や、製品告知などの顧客接点開拓をサポート

メンタリング

経験豊富な審査員、トキワの製品開発担当によるメンタリングの実施

投資家・VCへの訴求

事業計画・運転資金計画・信用問題などを具体的に提案可能に

Adopted company過去採択社さま

第1回TOKIWA Lab. ∞ infinity 開放しよう、あなたの可能性を(2020年)

第2回TOKIWA Lab. ∞ infinity 「美しさ」に、ゴールも限界もない(2021年)

THEMEテーマ

本プログラムでは以下4軸いずれかに基づくビューティー製品の事業展開をサポートしたいと考えています

01

より人を輝かせる機能と人・環境への配慮の両立

02

次世代に誇れる社会貢献と持続的な事業活動の両立

03

ダイバーシティとインクルージョン「多様性への理解とサポート」

04

人々を笑顔にできる幸せを提供する

SUPPORTER審査員

  • GSKコンシューマーヘルスケアジャパン株式会社
    代表取締役社長

    野上 麻理

  • 株式会社インフォバーングループ本社
    代表取締役CEO

    今田 素子

  • 株式会社アイスタイル
    BeautyTech.jp編集長

    矢野 貴久子

  • ノイン株式会社
    代表取締役CEO

    渡部 賢

  • 株式会社ファーメンステーション
    代表取締役

    酒井 里奈

  • カーライル・ジャパン・エルエルシー
    マネージング ディレクター

    渡辺 雄介

  • 株式会社トキワ
    常務執行役員 パッケージ開発本部長

    谷 仁一

  • 株式会社トキワ
    執行役員 処方開発本部長

    川合 誠司

  • 株式会社トキワ
    代表取締役CEO | TOKIWA Lab.代表

    金井 博之

SCHEDULE審査スケジュール

FAQよくあるご質問

  • Q最終選考通過後の流れについて

    参加者との守秘義務契約、事業計画書を基にした定期的なレヴューの合意、無償生産サポート対象カテゴリーの継続生産の合意、また、次回のアクセラレータープログラム開催時、ご協力をお願いする予定です。

    該当カテゴリー以外の生産に関しては共創プラン内であっても、トキワ以外の生産契約をしていただいて問題ありません。参加者の事業ステージによって異なりますが、目安としては最終選考選抜者の皆さんの製品開発・生産に関しては、選抜後の共創プラン合意後約1年以内に行う予定です。また、最終選考者の方が法人化前段階の場合は、法人化後に共創プランを制作いたしますので、2〜3か月程度の準備期間を想定しております。最終選考通過から製品開発・生産まで、最大15ヶ月程度となります。

  • Q応募対象の製品について

    トキワはプレステージカラーコスメにおいて国内NO1のOEMカンパニーであるため、メイクアップ製品の開発・生産には自信を持っています。

    しかしながら、スキンケア、ヘアカラー、サニタイザー等の生産も行っており、本アクセラレータープログラムはカラーコスメのみに対象を絞っていません。過去の採択社には製品開発・製造ではなくビューティー関連サービス事業もございました。

  • Q応募対象について

    スタートアップの皆さんに加え、社内新事業の立ち上げの皆さまも対象となります。

    未法人の方も参加できますが、無償生産サポートは共創プラン準備段階で法人化をお願いします。具体的な制限としては、カラーコスメの販売関連事業を3年以上していないこととさせていただきます。

インタビュー

インタビュー

インタビュー

インタビュー

インタビュー

ページトップへ